忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180
Posted by Ru Na - 2012.04.16,Mon
平日はとても忙しい大工さんが、ハクビシンが出入りしていた家の外壁の、
穴を塞ぐ工事の下見に朝から訪れ、とりあえず応急処置をして下さった。
お花見日和の日曜日。
せっかくの休日を、半日費やしていただいて申し訳なかった。

金魚たちと私の昼食後、夕方の用事まで時間があるので、河川敷の桜を見に行った。
メジロたちはしばらく前から庭に来なくなっていたし、ヒヨドリたちも桜が咲き始めてから
とても忙しそうで、大声で鳴きながら庭に来ては、ちょっとだけリンゴをつついて
またすぐどこかに行ってしまう。
ヒヨたちは、桜の蜜を吸いに川原を飛び回っているのかもしれない。

resize4625.jpg


 日差しは
 わりと強いが、
 空気はひんやりして
 心地がいい。











resize4626.jpg


もこもこになった
花の木。
お昼前後の
お花見グループの
人出が引いた後。
静かに散策する人、
スケッチしている人と
時々行き合うくらいで
のんびりできた。








resize4608.jpg



誰かが上げて
枝に引っかかった
ままの凧が、
微風に揺れている。






老木も見事な花を
咲かせていた。



resize4609.jpg

花曇の柔らかな日差しが、綿の玉を連ねたような花の枝に微妙な明暗を作る。

resize4610.jpg

キンクロハジロのつがいがまだいた。

resize4605.jpg

風もないのに何故か2羽とも頭の後ろの羽毛が逆立っていた。

resize4606.jpg

resize4607.jpg

あちらこちらの桜を
群で飛び渡っている
スズメたち。
人が近づくと
サッと近くの民家の
屋根に避難する。

ヒヨドリもつがいで
方々飛んでいるが、
あまり花の上に
長居していないよう。
どこに
うちのヒヨたちが
いるのか判らない。




スズメたちはさかんに桜花をつついて、くわえて下に落としている。
不器用で、花をちぎらないと蜜が吸えないようだ。

resize4611.jpg


resize4622.jpg


resize4618.jpg


resize4615.jpg


resize4612.jpg

花はくるくる回りながら下に落ちていく。
だから、地面に落ちている柄が付いたままの桜は、みんなスズメの仕業。
こんなに沢山つついて落としても、満開の桜の花が減っているようには見えない。

ご馳走さまと、近くの電線の上で嘴をぬぐう。

resize4624.jpg











PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]