忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179
Posted by Ru Na - 2012.04.14,Sat
今年はどこでも桜の開花が遅れている。と、言われてきたが、
咲き始めると、その花のほころびの早さに毎年ながら驚かされる。

3日前川原を通った時、桜の枝先がほんの少し白くなっていただけだったが、
ニュースでは、この週末が見頃でしょうと盛んに言っていた。
花の時期恒例の無料開放をやっている兼六園に足を運んでみた。

resize4564.jpg
 いつも花見の時期に
 咲き誇る近所の椿。
 1本の木に白と紅が混じる。
 こんなふうに一つの花が
 2色になっていたりもする。










resize4571.jpg

百間堀の桜。
満開までもう少し。
青い空には
不思議な形の雲が。






石川門の手前の桜は
いつも花が密集している。





resize4573.jpg

兼六園には、ソメイヨシノだけではなく、多くの種類の桜が植えられている。
特に百間堀沿いは、さながら桜のギャラリー。

resize4565.jpg


resize4568.jpg


resize4567.jpg

すごい人出の中を園内に入ると、しだれ桜もかなり開いていた。

resize4577.jpg


resize4575.jpg

人が密集する処を避けて、園のはずれのお気に入りの場所へ。
ここは鳥たちがよく集まっている。

resize4579.jpg

スズメが苔の上で遊ぶ頭上では、シジュウカラやヒヨドリが囀っていた。

resize4581.jpg

人がまばらな曲水のはずれ。植え込みの間をサッと隠れるように低く飛び回っていたのは
ウグイス。
人通りの合間をぬって、上手に曲水で水浴びをしていた。

resize4582.jpg

resize4580.jpg


赤い椿は
まだまばらだけれど、
園の方々で
彩りをそえていた。











resize4583.jpg



 曲水を被う
 桜のトンネル。
 ここはいつも
 人気スポット。









梅林の方へ行ってみる。
桃の花が満開で、梅もまだ残っていた。

resize4584.jpg

resize4585.jpg

福島県の三春町は、梅と桃、桜が同時に咲き、三つの春が一度に来るというのが
町の名の由来になったと聞いたが、今の兼六園がちょうどそんな様子をしている。

木の根元で走っては止まり、また走る鳥が。
シロハラだった!
この冬はシロハラの姿を見ていなかった。
夏鳥の季節になっても一番後まで留まっているのんびり屋の冬鳥。
会えてよかった。

resize4587.jpg

シジュウカラに混じってきれいな声で囀っているのは誰?
逆光でよく分からなかったが、イカルかもしれない

resize4589.jpg

霞が池で鯉たちに挨拶してから瓢池に降りると、
キラっと何かが光った。
見ると、こんな大勢の人が通るのに、カワセミが池に飛び込んでいた!

resize4591.jpg


resize4592.jpg

周囲は誰も気付いていないようだった。
夕方寝ぐらに戻る前に、お腹がすいて背に腹はかえられぬと、
こんな人ごみに出てきたのかもしれない。


ライトアップの灯がともり始めた。帰り際ついでに川原に回ってみると、
もういなくなっただろうと思っていたキンクロハジロとカワアイサがいた。

resize4593.jpg

resize4594.jpg

河岸の年老いた三本桜の周囲は、満開に咲き誇っていた。

resize4598.jpg








PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]