忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177
Posted by Ru Na - 2012.04.08,Sun
天気も気温も変化が極端なこの頃。嵐の日の高温、四月に入っても積もる雪。
今朝の気温は3℃以下で風が冷たく、冬用のコートをまた引っ張り出して出かけた
河口の森での定例探鳥会。
天気は上々。しだいに、少し動けば汗ばむような陽気になった。

今日こそ遅刻しないでおこうと急ぐ川縁の自転車道。
幸か不幸かカワアイサの姿はもう無く、順調に行けば9時に十分間に合うはずだった。
ツバメが川面をかすめて飛んでいる。今年初めて見るツバメたち。

途中の草むらで、モズらしき小鳥が2羽飛び交っている。
ちょっとだけだと足を止め、撮影。なかなかレンズで捉えられない。
恋の季節の追いかけっこをしている2羽を眺めていて、つい時間を忘れてしまっていた。

resize4501.jpg

                     3枚の組写真

陽が眩しすぎて、カメラの液晶画面がよく見えず、見当をつけて手当たりしだい映した写真を
後で見ると・・・・おや、ジョウビタキの♀かしらという姿が写っていた。
よくよく見ると、光線の具合で白っぽく映っているけれど、こげ茶色の頭部からモズだと判る。

resize4465.jpg


河口に近づくと、
ダイサギが1羽。


河口の森が
見えてくると、
そろそろ北帰行で
もいいないと思っていた
マガモやコガモ
キンクロハジロが
水面に点々と
浮いていた。






resize4487.jpg

resize4486.jpg

やはり集合場所に遅れて着いたが、皆はまだ目の届く所にいてハシビロガモを眺めていた。
今日は参加人数が多く、いつもよりゆっくり歩く。

グループの最後尾に従いてササゴイの池に着くと、観察舎はすでに満員状態。
皆が熱心に見つめる池の対岸にはカワセミが!

resize4503.jpg

resize4504.jpgresize4505.jpg












ここでカワセミに初めて会った。水に飛び込む時、青い宝石のようにキラリと光る。

森は新芽に覆われ始め、冬鳥がまだいる川縁には白タンポポやツクシが出ている。

resize4462.jpg

resize4472.jpgresize4461.jpg












ウグイスが上手に鳴き、コゲラやシジュウカラの声に混じって聞き慣れない声も。
カワラヒワにも出会う。

resize4477.jpg


resize4464.jpg

 海岸に出る。
 日差しが強い春の海。
 肉眼では見えないオオミズナギドリを
 プロムナーで見せてもらった。






resize4458.jpg

この日観察された鳥は40種。
これから北に帰る冬鳥と、渡ってきた夏鳥が同居している時期。
鳥見を通じると、季節の移ろいが具体的に目に見えるようある。




PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]