忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178
Posted by Ru Na - 2012.04.10,Tue
探鳥会が解散してから、一人また海岸に出てみた。
海に続く林の中の小道、行く手に小鳥がポロっと道に下りたり、また梢に止まったりの
姿が見える。
何の鳥だろうとカメラを構えようとしたら、散歩の御夫婦に話しかけられ、見失ってしまった。
御夫婦はこの近所の方で、やはり近頃ここに出没するヤツガシラの噂をご存じだった。
しばらく楽しくおしゃべりをした。

近頃この森に来る度に、別名バズーカ砲とも呼ぶ、大きな望遠レンズのカメラや、
デジスコなどをを抱えて歩いている人が、次第に増えてきているような気がする。
鳥の写真を撮るのがブームになっているらしい。
以前は、道で行き合う人は自然に挨拶し、鳥情報を交換したりしていたが、
近頃会う鳥写真ハンターたちは、何となく排他的でよそよそしい雰囲気がある。
シャッターチャンスを追求するあまり、鳥たちを追い回したり、怖がらせたりしなければいいが。

resize4455.jpg

 
 お昼近くの
 春の海。
 気温が上がって
 暑いくらい。

 海や波の
 ビデオ撮影をする。










resize4508.jpg


resize4510.jpg


resize4459.jpg

波が巻き崩れる形、
砂の上に広がる模様。
変化し続ける海の姿は
見ても見ても
見飽きることはなく、
ついまた時の経つのを
忘れてしまう。










resize4514.jpg


砂の上のオブジェ。穴を開けた大きなバケツは漁の道具なのかもしれない。

早く帰らねばと川縁の小道に戻り、あまり人が通らない区間にさしかかると、
道を横切って草むらと川の土手の間を行き来する小鳥たちが数羽。
何の鳥かしらと、立ち止まってそっと見る。
姿がはっきり見えそうと思ったら、自転車が通ったり人が歩いてきたりで
鳥たちはすぐに隠れてしまう。
それでも適当に何枚か撮ってみた写真に、こんな小鳥が写っていた。

resize4502.jpg

写真を4分の1程にトリミングして拡大したもの。
ノビタキか、ジョウビタキの♀か、ルリビタキの♀か、と図鑑を調べ、
羽の白い部分でジョウビタキの♀と判定。(間違っていたら、教えて下さい。)
ジョウビタキは冬鳥、他のヒタキ類はこれからが彼らの季節である。
地味な♀は判別が難しい。

川の土手の草むらを行き来していた、チラッと見えた羽からホオジロかと思った小鳥が、
つがいですぐ近くに止まった。
怖がらせたくなくて、こちらもなるべく静かに見て見ぬふりをして、
川面のホシハジロなどをを眺めていたら、
向うから若いカップルがやって来た。ああまた小鳥たちが逃げてしまう。
およそ鳥見をするタイプには見えなかったが、やはりバズーカ砲を携えていて、
すれ違いざま、「コマドリの声がするなあ。」と話すのが聞こえた。なかなか鳥に詳しそうであった。
そして、「あっ、オオジュリンがいる。」と言う。

resize4531.jpg

先ほど探鳥会で、対岸にオオジュリンを見つけた人がいた。
私はどのような鳥かよく知らず、言われた場所を双眼鏡で探したが見つけられなかった。
それがこの子たちだったなんて。
思わずカメラで連写していた。

resize4532.jpg

resize4534.jpg

カップルも数枚連写してから、こちらをチラリとも見ず行ってしまった。
オオジュリンは気にする様子もなく、熱心にヨシの皮をむしっては
中の虫を探して食べているようだった。

resize4556.jpg

resize4536.jpg

resize4537.jpg

resize4561.jpg

そろそろ帰らねば。橋を渡って、森の対岸の自転車道へ。
キンクロハジロも今年はこれで見納めかもしれないと、未練がましく振り返って見ると、
先ほどは気がつかなかったシノリガモもいた。

resize4563.jpg

この子たちも、もうじき北帰行。
こんな穏やかな日に、ゆっくり英気を養って、無事にシベリアに帰り着いてほしい。








PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]