忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185
Posted by Ru Na - 2012.05.03,Thu
駐車場から湖の岸辺に出ると、右手の人工島の上に茶色っぽい鳥の群がうずくまっていた。
双眼鏡でちょっと覗くと、カルガモが見えたので全部カルガモだと思い、
左手のカモ類やコハクチョウが沢山いる桟橋の方へ。
そこでハシビロガモやオナガガモなどを感激しながら眺めていたら、
先程の人工島から群が舞い上がって、湖の上を旋回し始めた。
カルガモよりもっと小さく、先が尖った羽が方向転換するたび白く見えたり黒く見えたりする。
何か分からないけれど、シギ類だ!

シギたちは次第に近づいてきて、桟橋の向こうの人工島に舞い降りた。

resize4966.jpg

何のシギだろう。30羽ほどいる。
シギの識別は難しい。後で調べようととりあえずズームで何枚も撮影。

resize4967.jpg


resize4969.jpg


resize4971.jpg

湖の近くの地元の農産物を売るお店で、飲み物と米粉の小さなパンを買って、
今度は湖の左手の方に回る。
緑の木立の手前に橋が架かっていて、前回来た時は時間の関係もあって渡らずじまい。
今回は是非、瓢湖をくまなく歩いてみたい。

橋を渡ると、メインの大きい湖とその左横の細長い湖を隔てる小道に出た。
美しい木立は小さな島になっていた。

resize4931.jpg

resize4935.jpg
 細長い湖には
 野鳥観察舎が 
 あったが、残念、
 閉まっていた。
 こちらはヨシ原が続く
 自然の景観。
 ヨシゴイは
 こういう所に
 いるのだろうか。
 コガモの姿が
 ちらほらと
 認められた。







うっとりするほど美しい木立のある島。石を並べて囲いを作ってあったり、
鳥たちが楽しく過ごせそうな形にしてある。
私が水鳥なら、こういう所に住みたい。

resize4933.jpg

その島の端を歩いている小さな鳥。 あっ、また別のシギがいる!

resize4972.jpg

夢中で見ていたら、おじさんが近付いて来て、あれはセイタカシギだと言う。
話をすると、どうも鳥の図鑑の写真を撮る写真家関係の方のようで、
鳥にとても詳しく、カメラの露出補正をして撮るコツまで教えて下さった。
それで、先に見た群のシギは、ツルシギと判明。

resize4973.jpg


resize4974.jpg


resize4975.jpg

おじさんと話している間も、セイタカシギはこちらの岸に来たり、あちらこちら歩き回って
我々にかなり近い場所でせっせと採餌し続けていた。

resize4978.jpg


resize4977.jpg

なんて長い脚。なんて不思議なプロポーション。

resize4981.jpg


resize4983.jpg

会えたらいいなと思っていたヨシゴイは、まだ来ていないとのことだった。








PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]