忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153
Posted by Ru Na - 2012.01.10,Tue
年末久しぶりに体重計に乗ったら、体重がガタッと減っていた。
歯の本格的な治療をはじめてから、なんだか少し痩せたような気がしていた。
春頃から主に流動食で過ごしてきたので、普通なら自然のダイエットと喜ぶところだけれど、
秋の始めはまだふっくらしていたので、体重の急減はちょったしたショック。
それに私は別にダイエットなどしたくない。

康を害するくらいの肥満は困るけれど、
金魚でもめだかでも人でも鳥でも、活動するには少しふっくら気味の方が一番よろしい。
食事もなんだけれど、骨や筋肉が減ったせいかもしれない。
心して歩くようにしようと、先日から自転車に乗れそうな天候の日でも、
時間が許すかぎり徒歩で出かけている。

昔は早足大股で長時間歩き回るのは、てんで平気だったが、
椎間板ヘルニアになってから、そのような歩き方をすると、途中で身体がフリーズしてしまう。
ゆっくり時々立ち止まりながらなら何とか距離を稼げる。
つまり、鳥を見ながら歩くのが理想的なわけである。

resize3649.jpg

この3連休のなか日、8日は良い天気になって、
近所の河原から上流のショッピングセンターに向かって、つれあいと鳥見をしながら
2時間かけてゆっくり歩いた。

resize3670.jpg

川岸の草むらに
パラパラと飛んで来たのは
白黒の小鳥、
エナガたちだった。

4羽が枯れ草の間を
しばらく行ったり来たり。
そのうち下流の方へ
飛び去った。







resize3667.jpg


resize3671.jpg

いつももっと上流の方にいるエナガをこんな所で見るなんて。
上流は河川工事でひどい荒れようなので、仕方なく他の場所を探しているのかしら。

resize3689.jpg
同じ草むらで、
先日はアオジ、
その次通った時には
ホオジロとウグイスを
見かけた。




トビが川岸の民家の
アンテナの上で、
気持ちよさそうに
陽を浴びていた。


resize3675.jpg


resize3676.jpg


カワガラスが
飛んだり潜ったり
の挙句、ちょんと
橋桁にとまった。













今日もまだいたオシ君。
彼の存在が近頃すっかり知れ渡って、たいてい周囲に大きな望遠レンズ付きのカメラを
向けている人がいる。それが彼の生活に害を及ぼす原因にならなければいいのだが。
野生の生き物はなるべくそっとしておいてあげたい。
とはいえ、かくいう私もその上品で愛らしい仕草につい見とれてしまって、
小さなビデオカメラでせっせと撮影してしまうのだが。

resize3684.jpg

resize3680.jpg


resize3679.jpg

少し泳いでは石に登り、ちょっと水を飲んでは羽づくろいしたり頭を掻いたり。

resize3683.jpg

resize3673.jpg
オシ君の側にはいつも
2羽のカルガモが
付き添っている。
まるで保護者か
お姫様に付いている
従者のように。
時々彼が何を思ってか
彼らを追い回したり
追っ払ったりしても、
いつの間にかまた
カルガモたちに
見守られている。


resize3681.jpg


resize3677.jpg


 仲良く一緒に
 羽づくろい。










しばらく行くと、今や貴重になった中洲の縁に、点々とコガモの姿が。

resize3661.jpg

resize3690.jpg

ざっと数えると32羽いた。さらに先に進んでもまだまだいる。
アオサギやカイツブリ、オオバンも混じえ、コガモだけでも60羽以上いるようだ。

resize3692.jpg

上流の工事のため、居場所が狭められて、ここに集まっているのだろうか。


その先にマガモの1群がいた。
体をゆすりながら♂について行っている子は、昨冬撮影して、私の映像作品に出演してもらった
同じ♀かもしれない。

resize3693.jpg

時々♂同士がケンカしたり、草陰で眠っている女の子をそっとのぞいている男の子など、
マガモたちの世界にも色んなドラマがあるようだ。

resize3694.jpg

♀が平ったくなって♂の周囲をぐるぐる泳ぎ回りはじめ、そのうち♂も同じように
平べったく輪を描きだしたので、求愛行動が始まるかな、と見ていたけれど、
すぐやめてしまった。こんなふうに幾度か予行練習をしているのかしら。

resize3695.jpg



さらに上流に行くと、工事でひどく掘りかえされて川の水が見えないくらい。
美しい木立もみな伐採されて、影も形もなかった。
人工的な芝生公演を作る予定らしいが、どうしてこんな非道いことが平気で出来るのだろう。

河岸を離れて緑地公園の中を通ったが、あまり鳥はいないようだった。
ただ一箇所で、ヒヨドリの群れが騒いでいた。

resize3658.jpg

公園の池に冬の陽が映る素敵な光景も、鳥たちの声がしないので
何となく寂しげである。

resize3653.jpg



雪の中に
鮮やかな寒椿。









対岸の家々の上に大きな月がかかり、日は暮れようとしていた。

resize3655.jpg









PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]