忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151
Posted by Ru Na - 2012.01.02,Mon
2012年元日はどんよりした天気で、午後しばらく雨がやんでいたが、
のんびりとおせち料理を食べて、(抜歯してから久しぶりに固形物を食べた。)
のんびりと出かける頃には、もう雨が降り出した。
無料開放の兼六園へ。

去年はカワセミを見ることが出来たけれど、この雨では鳥たちはほとんど
出て来なさそう。

resize3593.jpg

 雪がかなり
 残っている
 兼六園。













resize3595.jpg


雪から保護するために
コモが被せられている
石灯籠が幾つもあった。









せせらぎに架かる石橋のところで、セグロセキレイを発見。

resize3609.jpg

 ― うーん、今日は水が荒れておるな。 ―

resize3606.jpg

この格好がどうしても、背中で手を組んで思案している哲学者に見えてしまう。

resize3603.jpgresize3604.jpg








雪の上を走ったり、立ち止まってこちらを見たり。
そのうち反対側の岸に飛んでいって、曲水の水を飲んだりしていた。


resize3596.jpg
今年の干支に因んだで
置かれたのでは
ありません。
元々ここにある石です。











霞が池にはカルガモが5羽。
ほかに、湖水を滑りながら時々潜っている2羽がいて、よく見るとカイツブリだった。

resize3601.jpg

冷たい雨をものとせず、元気に泳ぎ回っていた。
梅林の辺りではハシボソガラスが寝ぐらに向かう前の大集会。

resize3602.jpg

こちらも雪の上を飛び跳ねたり走ったり、とても元気そう。
この日はウグイスの藪鳴きも二箇所で聞いた。

元気がなかった霞が池のコイたちが気になって、翌2日の夕方、
閉園前にちょっとひとっ走り兼六園へ。雪が降り出して訪れている人はまばらだった。

resize3598.jpg

resize3597.jpg

コイたちはわりと元気そうにしていて、昨日姿が見えなかった赤い子も
ゆっくり泳いでいた。
カルガモたちはどこかに行ってしまったが、カイツブリは3羽に増えていて、ひと気のない園の
池の端から端まで、この池我らのもの、といった様子で行ったり来たりしていた。

resize3614.jpg
 カイツブリは
 縄張り意識が強いから、
 一つがい+1 というのは、
 真ん中の小さめの子が
 子供なのかもしれない。








resize3612.jpg

resize3613.jpg

resize3611.jpg











PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]