忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186
Posted by Ru Na - 2012.05.04,Fri
撒かれた餌をひとしきり食べて、お腹いっぱいになった水鳥たちは、
思い思いに水面に散らばったり、人工島で羽づくろいしたり、のんびりくつろいでいる。
ハシビロガモも♀の後を追いかけたり楽しそうにしている。

resize5054.jpg

冬鳥の本格的な繁殖は、シベリアなどに帰ってからだけれど、
予行練習なのか、カモたちはよく仲良さそうな求愛の仕草をしている。
ほのぼのと眺めていたら、水鳥達が浮いている遠くの湖面に何か違和感が。

最初はマガモが2羽、直列つなぎで泳いでいるのだと思った。
しかしどう見ても、異様に身体が長い1羽の水鳥。

resize5039.jpg

周囲のカモたちの倍近くある。

resize5040.jpg

その水鳥は次第に近づいて来て、目の前を横切って、また遠ざかって行った。

resize5043.jpg

この大きさはマガンのもの。ガンの仲間にこんな鳥がいたっけ?

resize5044.jpg

振り向いた顔は、マガモそのもの。
何かいけないものを見てしまったような気分が残った。

resize5048.jpg

セイタカシギを見つけた島陰に、こんな鳥が1羽休んでいた。

resize5047.jpg

とっさにガチョウかアヒルかの区別がつかなかったが、
先の不思議な水鳥は、この子に何か関係があるような気がしてきた。

セイタカシギを撮影していると、謎の水鳥もすぐ近くに来ていて、
この辺が自分専用の場所、といった様子でくつろいでいた。

resize5045.jpg

resize5046.jpg

せっかく鳥に詳しいおじさんに出会ったのに、何の鳥か聞きそびれてしまった。

湖の周囲を回る。島の反対側ではマガモの♂が休んでいた。
こちらは正真正銘のマガモ。

resize5050.jpg

前回来た時は、湖の対岸は湿地と田畑が広がっているような気がしていたが、
実際に回ると、湿地は右手の方だけで、奥は宅地の横の開けた遊歩道だった。
そこからの眺めも美しく、こんな風景を日夜望める家に住む人が羨ましい。

resize4936.jpg

さらに進むと、マガモの♂が2羽ケンカをしている。1羽がもう1羽の羽根を引っ張ったり、
片っ方はやられっぱなしの感じである。

「ボクのカモ子ちゃんに手を出すな!」 「なんだい、ちょっと話しただけなのに・・。」

resize5052.jpg

ふと見ると、岸辺に心細げな顔の♀が、隅に隠れるようにしていた。

resize5053.jpg

あの♂たちのケンカの理由は、
このうら若い、というより、まだほんの子供のような乙女をめぐる争いだったようだ。

岸辺を一巡して、桟橋が見えるところまで戻ってきた頃には、陽が傾き始めていた。
ツルシギたちは、相変わらず先程の人工島の上に居て、羽に頭を突っ込んでいる。
どこからともなくダイサギが、1羽また1羽と舞い降りてきた。

resize4989.jpg


resize4990.jpg


resize4992.jpg

散歩中の地元の人に呼び止められて、しばらく話をしていたら、
ダイサギの数はいつの間にか12羽以上に増えていた。

resize4994.jpg

そして、朱に染まる湖面を、またあの謎の水鳥が音も無く滑っていった。

resize5055.jpg

その夜眠ろうとすると、瞼の裏側にあの鳥が横切っていく。
ずっと気になってしようがない。

金沢に帰ってからあれこれ調べ続けた。
ガンの仲間ではない。
ガチョウはマガンを家禽化したもの。アヒルはマガモを家禽化したもので、大きさが違う。
アヒルには先祖返りするものがいるらしく、
この水鳥はどうやら、アオクビアヒルと呼ばれているものらしいと判明して、
やっとこれで不眠から開放された。







PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]