忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90
Posted by Ru Na - 2011.05.20,Fri
今日はひどく暑くて7月並の気温になったが、
金沢城の石垣にきんぽうげが咲き乱れる季節は今だけ。
少しだけ様子見にと、夕方金沢城址公園に出かけた。

resize2668.jpg

キビタキの声が聴きたかったし、運が良ければオオルリにも会えるかもしれないと、
痛めた左足甲がまだ腫れているのだけれど、とにかく行ってみた。

resize2667.jpg

閉園まで1時間をきり、人の姿はほとんどない。
鳥たちのいろんなさえずりが聞こえるが、茂った葉むらのどこにいるのか
なかなか見つからない。
草叢から飛び立ったのはカワラヒワ。セグロセキレイも忙しそうに飛んで行った。
ハシボソガラスも、街中からねぐらに向かうため、そろそろ集結しはじめていた。
シジュウカラやヤブサメの声はするのだけれど、出てきてくれない。

私にはキビタキとオオルリの声の区別がつかないのだが、
(ネットで調べると、キビタキの真似をするオオルリの声、なんて載っていて、
ますます混乱する。)
澄んだ高い声でせわしなく鳴いていたのは、どうもキビタキの方みたいだった。

いろんなさえずりが聞こえる木立の大木を、ふと見上げると、
この前福島潟で見た小鳥に良く似た灰色の鳥が、枯れ枝の上にいた!

resize2666.jpg

辺りを見渡し、ちょっと飛んではまた元の枝にとまる、をくり返していた。
帰ってから調べると、サメビタキだった。
空中の虫をフライングキャッチしていたようだ。
福島潟で見たのは、コサメビタキだったかもしれない。

園を出て、用事のある寺町に行こうと、川辺を通過。
川原に降りたら、あのなつかしいオオヨシキリの声がした!
川原の木々がずいぶん伐採されたので、今年は居場所がないのでは、と心配していたが、
ついに、この川にもオオヨシキリが戻ってきた。

resize2669.jpg

中州も削られてしまい、
川の中には草も小石も
残っていない箇所が
増えたが、
アオサギは定位置に
ちゃんといた。








PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]