忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89
Posted by Ru Na - 2011.05.17,Tue
愛鳥週間にあわせて、県立歴史博物館で朱鷺に関する特別展示があった。

resize2657.jpg
毎年この時期での開催は、
ニュースで聞くのだが、
まだ見に行ったことがない。

能登の最後の朱鷺、
能里の剥製が、2年ぶりに
公開されているというので、
若葉の木々に囲まれた
歴博に、先日足を運んだ。




第3棟の小さなスペースの入り口に、-朱鷺の卵はどれでしょう。-のコーナーがあって、
右の壁面は、能登の朱鷺の保護に尽力してきた、村本義雄さんによるいろんな資料。
左側には村本さんのコレクション、鳥グッズあれこれ。
細長いスペースの一番奥に、能里さんがいた。

これまでも、朱鷺の写真や映像は見てきたが、剥製とはいえ実物に会うのは初めて。
想像していたより小さくて、実に優美で上品な姿。
淡いコーレルピンクが白い羽の下に見える。なんときれいな色。
これが、正真正銘の朱鷺色!
横のテーブルには古い録音機が置いてあって、能里さんの鳴き声が流れていた。

かって日本のいたるところに朱鷺はいたらしい。
そのきれいな羽毛を取るため捕獲され、さらには田畑の農薬によって
その数は激減したという。
私がもの心ついた頃には、朱鷺の絶滅が危惧されていて、
保護に奔走する村本さんの活動がニュースで伝えられていた。
ついに本州では、能登の一羽だけにになってしまい、
能里さんは独り何年も仲間を探して、鳴きなが飛び回っていたという。
同種がいなくなって、この世にたった独り、というのは
どんなに恐ろしく、寂しいことだったろうか。

resize2659.jpg

能里は1970年に捕獲され、佐渡のトキ保護センターに移され、
佐渡のキンとつがいになったが、子を残さぬまま翌年逝去。
日本最後の朱鷺、キンさんは83年に亡くなった。

中国の山中で発見され、現在佐渡やいしかわ動物園で人工飼育され、
放鳥によって自然繁殖が期待されている朱鷺たちは、
いなくなってしまった日本の朱鷺とDNAが全く同じという。
能里さん、独りじゃないよ、安心して子孫の未来を見守っててね。

resize2660.jpg

博物館を出ると、旧美大の象徴、欅の大木から、
若木に飛び移って遊んでいるシジュウカラがいた。

resize2664.jpg

県立美術館の裏には
オダマキの花。

新緑の上に木漏れ日がゆれる
本多の森の、急な階段を降りる。




resize2665.jpg








 旧中村邸には
 八重のつつじが
 咲いていた。


resize2658.jpg
PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]