忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140
Posted by Ru Na - 2011.12.06,Tue
昨日抜歯した前歯のあとの血がなかなか止まらなくて、半分ダウン状態。
そろりそろりと動いて物干し場に出ると、
チャッチャッ、チャッチャッ、となつかしい声が聞こえた。
ほんの一瞬だったが、ウグイスの薮鳴きだった。
二階からのぞいてみると、右隣の庭の紅葉した茂みから聞こえたようだが、
姿は見えない。

resize3438.jpg

以前はしょっ中この藪鳴きが聞こえたのに、
先の冬、ミカンやリンゴを食べに来るウグイスやメジロを、
ヒヨドリヒヨ子が突然威嚇するようになってから、あまり来なくなり、
また、ウグのお気に入りの藪があった左隣の庭の木々が
すっきり剪定されて、スカスカになってしまったせいか、
この春「ホーホケキョ」も、二度程しか聞かれなかった。

去年近所で産まれた野良猫の一匹が、この辺一帯でずっとウロウロしていて、
普通の猫なら諦める、タヌキよけの有刺鉄線もかいくぐり庭に侵入してくるので、
しかも、雨風が強まる時などに特に入ってこようとするのを見ると、
うちの庭のどこかを寝ぐらにしようとしているとしか思えない。
このままでは鳥たちの冬のレストランも危険にさらされる、と
猫が入り込みそうな場所をなるべく無くす工夫を重ねているのに、
いつの間にか、庭にちょこんと座って、池をのぞいたり、
何が悪い、といったふうな目でこちらを睨んでいたりするので、
隙間を針金で補強したり、100円ショップで買った園芸用の猫よけトゲ板を、
侵入しやすい場所に敷き詰め、さらにそれを追加し、
もうこれで易々とは入れないだろうと思った日、
左隣の庭の藪から、コロっと小鳥が現れて、しばらくその辺りの枝を飛び回り、
また飛び去ったのが4日前。あの謎の柿の実事件の後の事である。

resize3439.jpg

逆光で暗く、ウグイスかメジロか判断がつかず、
動作からしてメジロが様子を見に来たのかとも思ったが、
あるいは同じウグイスだったかもしれない。
冬の野鳥たちが安心して過ごせる庭を取り戻さなせれば。

冬近く、茶トラの野良猫も必死なのかもしれないが、
何も嫌がっている所に無理に入って来なくてもいいのに。
近所には野良猫たちのお世話をこまめにしている猫好きの奥さんもいるので、
他の野良猫たちは各々ちゃんと自分の居場所を持って、
あまり問題なく過ごしているようなのに。

resize3437.jpg


私は意に反してよく猫に好かれる。
「しっ、しっ、」と追い払っても、「本気かしら。」といった顔をされてしまう。
それどころか「ゴロニャン」と擦り寄られたりもする。
これも、猫と一緒に育って、猫に子守されたせいか。

ところで、柿の実を喜んで食べる猫も、まれにいるらしいことを知った。
うちの柿を貪り食べたのは、あの茶トラ猫だったのかしら。

石蕗の黄色い花がすっかり枯れてしまい、
メジロやヒヨドリの大好きな八重の椿が咲き始めている。


d4b292e0.jpeg






PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]