忍者ブログ
見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたこと。
[409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399
Posted by Ru Na - 2014.12.12,Fri
河口近くの2つの橋の間、ここは川幅も広く、ゆったりと水面は空を映す。

  

ここはかって、河岸にびっしり木が生え、枝の隙間から中州までの
細い川面を垣間見る、という場所だった。岸に係留した小船が連なる
風景は、なかなか素敵だった。
そのうち小船の渓流は禁止となり、何度も工事された結果、
川幅も広げられ、中州も岸の木は全て取り除かれた。
それでも河岸は緑の草に覆われて、心地よい景観を作っていた。
上流から下流を望む2年前の様子。
   
下流の橋から上流を見た風景。川の中に緑の道が出来ていて、
水鳥たちのお気に入りの場所になっていたし、変化に富んだ地形は
ヒトの目にも美的に映っていたはずだった。

   

しかしこれは、工事の過程で偶然残されたものだったことが後で分かる。
2年がかりの大工事で、この場所も消滅してしまった。
右岸は水際にコンクリートブロックが敷き詰められ、
水面との間に段差ができている。水鳥が岸に上がるには高すぎる。

   

この区間の工事はほぼ終わったものと思っていたし、
河川課の去年までの現場主任さん(この春、別の地域に転勤になった。)も、
そう言っていたので、後は河岸に早く草が茂るのを期待していた。
  
11月末ここに来る度、日替わりでいろんな冬の水鳥に出会った。

 

 

 

上からハジロカイツブリ、オナガガモ、ミコアイサ♀。
みな近郊の潟などに行く途中、一日だけ立ち寄ったものらしい。
いつも大抵いるのは、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、
マガモ、コガモ、カルガモ、カイツブリ。

    

河口の森のカンムリカイツブリも、ここまで来ていることが多い。
 
 










PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
Ru Na
性別:
女性
職業:
金沢市在住の美術家
訪問者
最新TB
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]